神様大好き!みーのこころブログ♪

自己愛性人格障害の父とそれに従う母に育てられ、ウツとパニック症を患い生きづらかった私。そんな私に神様が手を差し伸べてくださった☆神様から愛と光をたくさん頂いて人生必死に生きてます。神様が教えてくださった事や人やメッセージを綴っていきます♪

ある伝道者のかたのお話(2019・9・19)

ある伝道者の方の教えです。

 

地の果てなるもろもろの人よ、わたしを仰ぎ望め、そうすれば救われる。

イザヤ書45:22)

 ココに書かれている『地の果てなるもろもろの人』とは、ユダヤ人以外の人たちのことです。

聖書ではユダヤ人以外の人たちのことを「異邦人」と言っています。

 

『仰ぎ望め』とは、仰ぎ見ていないので、「こちらを仰ぎ見なさい」と仰ってます。

人は神様を仰ぎ見なければ何を見るのでしょうか?

人は「自分自身を」あるいは、「他人を」見るのです。

 

なぜ承認欲求を求めるのでしょうか?

それは、『自分の価値の証明ができるから』です。

人は自分が生きている価値を認めたいものです。

「何のために生きているのだろう?」「自分には生きる価値があるのだろうか?」と思うものです。

けれど、『人に受け入れられたい』とばかり考えて生きていては、やがて自分のやりたいことを見失ってしまいます。

と、伝道者の方は教えてくださいました。

 

人を仰ぎ見て生きることは、自分の生きる価値を証明し続けることなのかもしれない。

 

そしてお話は続きました。

聖書では『なぜ人間には価値があるのか?』の問いにしっかり答えてあります。

それは、「神様がお造りになったから」です。

私たちひとりひとりは、神様に似せて造られました。『似せて』と言うのは、私たちは神様の形に似ていることです。

神様の形は、魚や獣の形でもなく、花や草木の形でもなく、太陽や宇宙の形でもなく、私たちを見れば神様の形がわかるように造られました。

 

なぜお造りになったのか?

それは、私たちを愛するためです。

私たちに『幸せに喜んで生きてもらうため』です。

 

だからあなたが「私なんて生きる価値もない」と思っても、「何のために生きているのか?」と思っても、あなたには存在しているだけで、価値があるのです。

そう神様が思っておられるからです。

 

このお話を聞いてまた神様の愛に包まれた気持ちになりました。

 

 

聖霊さまを宿す(2019・9・18)

「この世に起こることは、魂の修行」などとよく言われたりしますが、これは『魂』だけでは行き詰まります。

これは『霊(私たちに宿る聖霊さま)』と共に乗り越えていくことなんだと思います。

 

私たちがわたしたちだけの考えで、また力で乗り越えていくには、『この世』は大きすぎます。

この世は矛盾の中にあるからです。

優しくしたいのに出来なかったり、我慢しなきゃいけないのに出来なかったり、冷静に対応しても続かなかったり、常に相反するものとの戦いのようなところです。

そう仰っていた方がおられます。

 

そしていつでも、『悪魔のささやき』が私たちを苦しめているのも事実です。

「私なんて生きる価値がない」と思う人、「誰も信用なんてしない、信じられるのは自分だけ」と思う人、「将来が不安で不安で仕方がない」と思う人、

自信を失わせ、必要以上に自分を高ぶらせ、心配ばかりさせ、憎しみ、恨み、後悔させ、罪悪感を植えつけ、これらが『悪魔のささやき』です。

 

私たちは常に『悪魔のささやき』の中で生きているのです。

そんな中で自分を律して生きるのはとても苦しいものです。

 

だから、霊(スピリット)の力が必要なんです。

霊は聖霊さまの力によって再びよみがえり、いきてきます。

 

その聖霊さまの力を宿すためには、神様を信じ、自分の中で受け入れなければなりません。

ココでいう『神様』とは、私たちをお造りになった『創造主』なる神様です。

人が信仰心で作った神様ではありません。

『人をお造りになった』神様です。

 

その神様を信じ、受け入れて生きることを神様は望んでおられます。

神様を信じてみてください。

そして、聖霊さまの宿りを感じてください。

 

心から願います。

わたしの名によって(2019・9・17)

エス様が十字架に掛けられる時が近づいたとき、イエス様がお弟子さんにこんな事を仰りました。

 

よくよくあなたがたに言っておく。あなたがたが父に求めるものは何でも、わたしの名によってくださるであろう。今までは、あなたがたは、わたしの名によって求めたことはなかった。求めなさい、そうすれば与えられるであろう。そして、あなたがたの喜び満ちあふれるであろう。

ヨハネによる福音書16:23-24)

このはじめの『よくよく』は、よっぽど大切なことを言うので、強調されて仰っているのです。

 

クリスチャンの祈りには、祈りの最後に「イエス様の御名によってお捧げします」とか、「イエス様の御名によってお願いします」と言ってお祈りを終えます。

これはココに書かれている『わたしの名によって』願いが聞かれるからです。

私たちの願いはすべてイエス様を通して聞かれると教えてくださってます。

『イエス様の御名によって』願い求めるならば、『与えられるであろう』と仰ってくださってます。

それどころか、『喜び満ちあふれる』と仰ってます。

喜びを満ち満ちとくださる約束をされてます。

 

このことを、イエス様はどうしてもお伝えされたくて、『よくよく』と強調までされて残されてます。

 

神様は私たちを喜びで満ちあふれさせたいと思ってくださってます。それは神様が愛である存在で、私たちを愛してくださっているからです。

 

もし、神様の存在を信じておられるなら、

また、信じてみたいなら、お祈りを捧げてみてください。

その際に、「イエス様の御名によってお願いします」と言ってお祈りを終えてみてください。そうすれば、喜び満ちあふれて与えてもらえると思います。

 

ただし、『神様の御心にかなう願い』だけですよ。 

神様を信頼する(2019・9・16)

私たちが人生の道に迷ったり、悩んだりした時、今までの自分の体験や学んだ知識を頼りにすることが多いと思います。あるいは、人に頼ったり助言を頂いたり、それをまた決めるのも自分の考えの中からではないでしょうか?

 

心を尽くして主に信頼せよ。自分の知識に頼ってはならない。すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道を真っ直ぐにされる。

箴言3:5-6)

 

私たちの進む道も、考える知恵も、全てを知っておられる神様をまず一番に頼りなさいと仰ってます。

神様に頼らずに、自分の浅はかな知識に頼ると、また道に迷いが出てしまうのだろうと思います。そして、自分自身の知識に頼ることで神様から離れてしまい、間違った道に行ってしまうからでしょう。

 

もし、行く道を選んだとしても、それは自分が選んだのではなく、神様によって選んでもらえたと思う気持ちで進むと、行く道が真っ直ぐにされると言われてます。

 

『何事も神様に頼りなさい』と強く言われてる教えです。

 

お祈りを常としている日常では、神様と対話する時間が人より多いと思います。

いつも相談したり、報告したり、泣き言を言ったり、賛美したり、そうして神様との時間を過ごしていると思います。

 

神様は私たちを愛しています。

だから私たちとの対話を喜ばれていると思います。

 

お祈りをし、何事も神様に頼り相談する毎日を送ることを常とする生活を心がけることは、大切で正しいことだと再度確信しました。

それが結局は私の道を真っ直ぐにしてくださるものだから。

いつも喜んでいなさい(2019・9・15)

ここ最近、朝から身体の痛みとダルさで、しんどい日々でした。

疲れがたまっているのか、心まで疲弊してしまっている感じ。

 

そんな時に神様が教えてくださった『いつも喜んでいなさい』という御言葉が心に響きました。

だからいつも喜んでいたいから、「喜びを見つける目を持たなきゃいけない!」と思いました。

 

神様が教えてくださったことだから、私を平安ある喜びある道へと導いてくださると信じてます。

 

喜びを見つけ始めたら、神様はたくさんの小さな喜びを私に見せてくださった。

『きれいな雲ある空』『お隣からのピアノでの讃美歌』『今の私にピッタリな聖句』

『タイミングがばっちりな作業』と溢れるほど過ごしやすくなさってくださった。

 

ただただ、感謝しかありません。

 

『いつも喜んでいなさい』と仰る神様は、私を喜んでいられるように導いてくださっていることが、私にはもったいないほどに感じました。

 

いつも喜んでいなさい(テサロニケ5:16)

 

神様の性質(2019・9・14)

『主は憐れみに富み、恵み深く、怒ること遅く、慈しみ豊かでいらせられる。

詩編103:8)』と書かれています。

 

神様の性質を表しています。

それがどれぐらいのものなのか、

 

『天が地よりも高いように、主がおのれを恐れる者に賜る慈しみは大きい、

東が西から遠いように、主は我らのとがを我らから遠ざけられる。

父がその子供を憐れむように、主はおのれを恐れる者を憐れまれる。

詩編103:11-13)』と続きます。

神様は天地や東西の大きさで神様の慈しみの大きさを表してくださってます。

『とが』とは、過ちや、良くない行いのことです。

それらを遠ざけてくださると仰っています。

なぜなら、

『主は我らの造られたさまを知り、我らのちりであることを覚えていらせられるからである(詩編103:14)』

私たちが神様から目的あって土から造られたことを覚えてられるからです。

 

人は草のように弱く、人の栄誉は野の花のようなもの、風が吹けば消えて無くなり、

後には誰も覚えていないもの、と、たとえられ、

『しかし、主の慈しみは、とこしえからとこしえまで、主を恐れる者の上にあり、(詩編103:17)』と続きます。

神様の慈しみはずっと果てしなく続くと仰ってます。

 

ただ、ココに書かれている中で大切なことは、『主を恐れる者』と書かれていることです。

この『恐れる』とは、恐怖することではなく、「神々しい」とか、「素晴らしすぎて言葉も出ないような」とか、「賛美するほどの」のような恐ろしさです。

神様に対してその恐れを持っている人は、神様から大きく、深く、永遠に愛されることと仰っています。

 

その愛を感じるには、まず神様の存在を信じるところからです。

あなたの幸せを誰よりも望み、人生につまづかないように祈り、あなたが人生につまづいた時に救ってあげたいと願っておられる神様、

あなたの神様を感じてみてはいかがですか?

望むものを与えられるには(2019・9・13)

『あなたがたがわたしに繋がっており、わたしの言葉があなたがたにとまっているならば、何でも望むものを求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。

ヨハネ15:7)』

 この『あなたがたがわたしに繋がっており』とは、神様という存在を信じ受け入れている人のことです。

なぜなら、その人たちは、神様が聖霊さまを私たちの心に宿らせてくださり、聖霊さまの力で霊の部分で神様と繋がれるからです。

 

『わたしの言葉があなたがたにとまっているならば、』とは、

そうして神様と繋がった人たちが、神様の御言葉を自分の都合で聞き流さず、いつも心に留めているような人ならば、ということです。

 

決して自分の都合で聞きたい時だけ聞いて、事が上手くいったなら、忘れてしまうのではなく、いつも心に御言葉が留まり続くような人になることを求められてます。

 

どのようにすれば、心に沁みこんでいられるのだろう。

どのようにすれば、私のどこを切っても神様への想いで満たされていられるだろう。

 

あああ、まだまだだなぁ~。