神様大好き!みーのこころブログ♪

自己愛性人格障害の父とそれに従う母に育てられ、ウツとパニック症を患い生きづらかった私。そんな私に神様が手を差し伸べてくださった☆神様から愛と光をたくさん頂いて人生必死に生きてます。神様が教えてくださった事や人やメッセージを綴っていきます♪

神様からのメッセージ(2019・2・17)

神様からのメッセージです。

このメッセージが必要な方のところに届きますように。

 

あなたがそんなに辛いなら、

体を横たえ休みなさい。

今がそんなに辛くて、未来を見る眼が澄んでいようか?

今がそんなに悲しくて、あなたの道が見えようか?

今はただただ休みなさい。

焦らずとも、怖がらずとも、隠れなくとも、否定せずとも、

すべては疲れた心と体のあることだから。

安心して今はとにかく休みなさい。

だから焦って誤った考えを持つんでないよ。

疑った判断を持つんでないよ。

愛から遠く離れようとしているあなたには、

間違った答えを選んでほしくないからね。

もう何も心配はいらないよ。

さあ、私のところで休みなさい。

 

 

すべての重荷を負うて苦労している者は私のところに来なさい。

あなたがたを休ませてあげよう。(マタイ福音書11:28)

 

 

 

神様の御言葉(2019・2・16)

お蔭様で今、私は幸せな心を感じる生活ができています。

それは決して安定してるわけではありません。

時に戻ってしまうほどに落ち込む日もありますし、

今でも「戻ってしまったらどうしよう」の不安は消えません。

ただ、そうなっても、幸せ感を取り戻せるようになりました。

 

そこに行きつくまでが長く苦しかったです。

色々な自己啓発本や話を聞いて実践しても上手くいきません。

「自分を信じなさい」とか、「執着を捨てなさい」など言われても、

なかなかそれを上手くできませんでした。

あげくには「執着の捨て方」をネットで調べる始末。

 

あの時の私は、もっともな事を言われて頭では理解できても、

自尊心が低い私に、自分を信用できる術はありません。

私にとってはそこがとても大きくて、大切な部分でした。

そこに気づくのにすごく時間がかかりました。

 

そんな病んでいた私に

『あなたが何をしたか、何をしなかったかに関係なく、

ありのままのあなたを、心から愛している。』と仰ってくださった神様の御言葉を目にしました。

同じ時期に天使が『人は生きてるだけで十分価値がある。』と言ってくださってるのを聞きました。

 

私がずっと探していた答え、一番欲しかった言葉です。

 

ありきたりの言葉かもしれません。

当たり前の事かもしれません。

けれど私にとって、この言葉にこれだけの力があるのは本当の神様からの御言葉だからじゃないのかな?と思ってます。

あの時の頂いた神様の御言葉と天使の呟きは本物なんじゃないかな?と思ってます。

 

この御言葉は今でも私の心の支え、すべてです。

 

惨めでも、ダメでも、醜くても、意固地でも、『ありのままのわたし』を愛してくださってる。

そのままで生きていてもいいんだ、と思えます。

 

本当に神様は神聖で尊いです。

 

今日もそんなことを考えると胸がいっぱい、幸せを感じられます。

ありがたいです。心から。

大好きすぎます。心から。

あなたの価値(2019・2・15)

あなたが100人の人にほほえみかければ、100人の人が和む。

あなたが100人の手を握れば、100人の人が人の温もりを感じます。

あなたが自分を見失ったまま死んでいくことで、100人の人が悲しむはずです。

あなたは必要な人です。

私に、みんなに、そしてこの世の中に。

 (マザーテレサ

 

分かっていますか?

あなたはどれ程に愛しい存在かを。

あなたはあなた自身をおろそかにしても、神様はあなたを宝物を扱うように大切になさいます。

あなたはそれだけの価値ある存在なのです。

あなたがいくらあなた自身を嫌いでも、神様はあなたをこの世であなたしかいないかのように愛してくれます。

あなたが許しを請うため祈り求めるならば、神様は寛容にお許しになります。

 

いいですか?あなたはあなたのままで十分です。

それでいいんです。

だいじょうぶ(2019・2・14)

新しいことや、人、物事に関わり始めると、必ずと言っていいほど、

初期のころに心身が揺れるような事や人に出くわしますね。

物事がすんなり初めから進んでいけた人なんて少ないんじゃないかな?

 

これは神様が色んなことを教えてくださってるチャンス、

本格的なステップアップをするためや、軌道修正するためのお計らいだそうです。

 

だから、手放せる執着や、溢れる不安、無理した身体、間違った思想などを

「もう一度考え直そうね」と言ってくださってるんだと思います。

 

これを知らなかった私は「ほら、また私が何かをやり始めたら、やっぱり上手くいかないんだから!」とイライラしながら進めていました。

あああ、バカチンです。

 

イライラしてるから上手くもいかず、キチンとした目も持てず、不安が大きくなって、

結局はイライラと不安で中途半端なことしかできなかった。

 

昔、先生に「あなたは頭の中で考えることは素晴らしいのに、形にすると残念ね。」

と言われました。

その時言われた意味も分かっていたのですが、正し方が分からなかったです。

 

今は「やだな~。」とは思いますが、早めに感情を切り替えて、間違ったところを

軌道修正したり、思想を再確認したり、体調不良ならば改善に努め、無理しない。

そして改めて神様と自分を信じることにします。

この時の信じる気持ちが「でも、不安だな」と心で思わない。

すべてを手放すような解放感を感じる心も大切なのかも。

これで間違いならば、また道を変えて始めればいいだけのこと、

何も心配はないですよ、ってことなだけ。

 

そう「だいじょうぶ」ってことです。

 

そう思えた心は羽が生えたみたいに軽く、フワフワしていました。

そして、振り返ると、始めた頃の不安や焦りもなくなって、また少し変化した自分を手に入れることができました。

 

すごいな~。神様って。

 

皆さんも同じような事が起きた時、今日のお話を少しだけ思い出してもらえたら嬉しいです♪

 

神様ね、「だいじょうぶ」って仰ってますよ。

バトン

7・8年ほど前のお話です。

 

ある女性〔当時30歳ぐらい)が私たち年上の先輩から色々と奢ってもらったり、頂き物をもらったりして可愛がられてました。

ある時彼女が「毎回こんなによくしてもらって、気を使います。私がお返しをするときっとまた倍のお返しをしてくれるでしょ?」と言いました。

だから彼女に言ったんです。

「私たちに恩を感じてるなら、同じ立場になった時に、今度はあなたが下の人たちに同じ事をしてあげて。それが私たちに対しての恩返しだから。

そして同じことを言われたら、今言った事を言ってあげて。

私たちも先輩たちからそうやって育ててもらったんだから。」

 

最近彼女が「みーさんたちに教えてもらったこと、今私は受け継いで同じように振る舞ってます。あの時教えてもらわなかったら、こんな気持ちで下の子にしてあげれなかったです。」と言ってくれました。

私たちもそうやって先輩方から教えてもらったので、うまくバトンが渡せたのがとても嬉しかったです。

 

今はあまり先輩後輩の関係が希薄と聞きますが、上から引き継がれてきたことなどは、

お金では買えない大切なものもありますね。

 

年数経って花開いた嬉しいエピソードでした。

発光(2019・2・12)

インフルエンザが猛威を振るった今年の冬。

私の周りでも、ご家族やご本人さんがかかってる方が何人もおられました。

 

そこで、お知り合いのAさんとこんな会話で盛り上がりました。

これだけ医学や文明が発達しているんだから、インフルにかかった人は

鼻がイカみたいに発光する薬か何かを発明したらいいんじゃないかな?と思ってるんです。

インフルにかかってても、症状として出ない方もいるし、そんな方々が気がつかなくて人にうつしてる場合も多いし、電車に乗ってて、インフルじゃないのに咳をしただけで、ひんしゅくでしょ?

仕事場でも自分が気がつかなくても「あら?あなた鼻がうっすら発光してるわよ、休みなさい」と見てすぐわかるし、お医者様も綿棒で検査しなくても鼻の発光具合で分かると思うんです。

そうなってくると、マスク業界も『菌・ウイルスは99.9%通しませんが、発光は分かります』みたいなマスクを開発するんじゃないかなと思うんです。

他にも案を考えました。

目の色が変わる、唇の色が変わる、額に「イ」の字が浮かび上がるとか。

けれど、鼻の発光が一番いいんじゃないか?という結論になって笑って終わりました。

 

Aさんはとても素敵で上品なマダムです。

そんなマダムのAさんが私の小学生みたいな提案に付き合って話を聞いてくださった事が、本当に「素敵な方だな~」と思いました。

 

しかし・・鼻の発光。

近い将来、そのようになるかもしれませんよ~(笑)

感情(2019・2・11)

目に見えない、感じることを大切にする世界には、『似た感情を引き寄せる法則』の様なものがありますよね。

 

今、自分がとても幸せに包まれた感情で過ごしていると、周りの幸せに過ごしてられる方からも幸せをおすそ分けしてもらえて、また自分も幸せが膨らんでいくってものです。

反対に、自分が腹を立てたり、憎しみを抱いたり、人を軽んじて生きていると、何か嫌な出来事や、腹の立つ人に出くわして、余計に恨みに思う人や現象を増やしちゃう。

そのうち、恨みや憎しみばかりの世界で生きなくちゃいけなくなる。

 

これらすべては感情が大きく左右してますね。

同じ場所で同じものを食べても、感情が幸せだったり、地獄のようだったり。

 

感情って自分の魂から生まれるものだと思います。

自分が親ならば感情は子供みたいな感じ。

だから、言うこと聞いてくれたり、聞いてくれなくて暴走したり、コントロールが大変。

だけど、忘れていけないのは、魂の横には必ず自分の内神様がおられるってこと。

どんなに乱れた感情でも、内神様が見守っていて、軌道修正を手伝ってくださる。

だから、自分の感情を「もう知らん」と投げ出したくなっても、内神様に助けてもらいながら大切に向き合えば、必ずまた幸せな感情が戻ってくると思ってます。

 

乱れた醜い感情を「これが私よ」と言って幸せならば構わないけれど。

私はイヤだな。ずっと人を恨んだり、憎んだり、腹を立ててばかりの世界は。

憎みたくない。幸せを感じたい。

 

人間だから嫌な感情が生まれるのは仕方ないと思ってます。

けれど、幸せな気持ちになりたいから、そのまま嫌な感情を引きずらないように、

自分の内神様に助けてもらって、自分の魂を信じて軌道修正できるってことを覚えておきたいです。