神様大好き!みーのこころブログ♪

自己愛性人格障害の父とそれに従う母に育てられ、ウツとパニック症を患い生きづらかった私。そんな私に神様が手を差し伸べてくださった☆神様から愛と光をたくさん頂いて人生必死に生きてます。神様が教えてくださった事や人やメッセージを綴っていきます♪

エンジェルナンバー(2018・12・18)

エンジェルナンバーってご存知ですか?

 

ふと目にした数字がやたら気になったり、同じ数字を何度も見たりした時、

その数字には天使のメッセージが含まれているんですって。

 

私はやたらと9時19分に時計を見ることが多いんです。

なぜ9時19分なんだろう?18分でも20分でもなく、9時19分。 

(ちなみに919のエンジェルナンバーの意味は

『あなたの聖なる使命は順調に果たされようとしています。』です。)

 

 ちょっと躊躇していたサイトに登録して「本当に良かったのかな?」と

不安になっていたら、その登録番号が777。

(777のエンジェルナンバーの意味は

『奇跡・祝福など。あなたの願いは必ず叶います。』 です。)

 

 

 

弱い私は辛い時苦しい時、色んなものから救いを求めてしまいます。

辛い苦しいと目の前が真っ暗で先が見えなく心が閉ざされた感じになりますが、

必ずどこかに救いのサインがある事に気づかされます。

 

あんなに苦しくて生きるのも大変なのに、ちゃんと神様は手を差し伸べてくださっているんだと、一瞬でも温かな光に包まれた気持ちになります。

 

神様はメッセージやサインなどあらゆる形で私たちに教えてくださってます。

しっかり見て耳を澄ませて心を集中していればきっと感じると思ってます。

 

「こんな事こじつけだ」と思うのも思わないのも、どちらも間違いではないと思います。

けれど神様を信じて感じる努力をしてると、苦しみの中にふわりと温かな光が射しこむような気がします。

 

 

気になる数字が現れたら『エンジェルナンバー』で検索してみてくだい。

神様や天使のお話がいっぱい載ってますよ。

青空(2018・12・17)

今朝起きて一番に目に入ったのが、雲の隙間からの青空でした。

昨夜の雨が明けたんだろう。

雲が多い隙間から見える青空は頼りなげだけれど、青空には変わりなかった。

 

 

私は空を見上げることが好きです。

辛い時も嬉しい時も空を見上げます。

きっと私の神様のイメージが空からの光のようだからかもしれません。 

雲の隙間から見える青空には何度も心が救われてます。

 

青空は雲の上にありますね。

雲で隠れててもその上は青空ですね。

 

辛くて心が曇ってて進む未来も希望もなくて真っ暗けの時に

空を見上げて青空を探してます。

雲の隙間からちゃんと青空はそこにあります。

 

気持ちが低ければ曇っているけれど、気持ちを高く上げれば青空しかないんだ、

と思っております。

けれどそう思っても辛いと気持ちが上がらない。

そんな時は焦らずに「今曇ってるけど青空は確かにある」と思っております。

 

雲の隙間から見える青空は私にとっては希望の塊なんです。

そして「神様ありがとうございます」って思わせてもらえるんです。

 

 

余談ですが・・

旅行などになかなか行けない私は飛行機を見ると

「心だけでも外国に連れてって」と思います。

そして『いつか・・』と飛行機に乗って外国に行く妄想をしております。

 

 

 

 

 

神社参拝(2018・12・16)

今朝、神社にお参りに行きました。

 

 

私は週に1回朝に地元の神社にお参りに行きます。

この神社は地元では有名で歴史的にも古く、平安時代にはもう建てられていたみたいです。

かれこれ、5・6年は通ってると思います。

 

参拝の日は朝5時半に起きて、歯磨き洗顔を済ませたら出発です。

車で10分ほどの距離にあります。(この距離がウォーキングできる距離だったら理想なんですが)

神社の開門が6時ですが、少し早くから開門してくれてます。

(一回だけ神社の方が寝坊されて参拝客が門前で待ってた事もありました。

すごくレアな体験だったです)

 

毎週行ってると顔なじみの方々にもお会いします。

(きっとこの方々は毎日来られてるんだろうな・・と思います。)

夏にはラジオ体操を境内でしているみたいで、ご近所のお年寄りの方々が

ワラワラと集まってこられますよ。

 

 中にはいくつかの神社があり、一応ひととおり周ります。ひとまわり20分程です。

今の季節は真っ暗で神社内の電灯しかないので肝試しのような感じです。

けれどやっぱり神聖な空気は気持ちいいです。

時々神馬が「ヒヒ~ン」となく声も聞こえてくるとその週は縁起がいい気になります。

 

 

通い始めた頃はウツもひどく、生きてるのがいっぱいいっぱいだったし

自分のお祈りの形もまだはっきりなかったので、やたら長くお祈りをしてたと思います。

もうとにかく、この地獄から救ってほしくて仕方なかったから。

今は1週間の無事と感謝と神様を信じてる気持ちを表すぐらいなのでそんなに長くなくお祈りを済ませられてます。

 

時々あまり見かけない方が長く一生懸命お祈りを捧げてる姿を見ると

「いろいろあったんだろうな」と切なくなり応援したくなります。

 

最後に天皇陛下からの御神木に手を合わせて自分の心を浄化してもらってます。

(木には決して触れないように)

 

 

毎週行っていると、季節感をとても素敵に感じられます。

春は桜、夏はせみの抜け殻とさなぎが出てきた穴、秋は紅葉、

冬は肝試しのような境内と手水舎の氷、今はたくさんの落ち葉もあります。

春分秋分の頃は参拝終わりごろには朝日が上がってきてすごくキレイですよ。

 

 

初めはワラにもすがる気持ちで始めた週一の参拝も今では習慣となりました。

習慣になってきたら私の人生の宝物のひとつになりました。

 

そう思わせてくださる神様に感謝します。

 

 

 

 

 

神様仏様の御業(2018・12・15)

知り合いの方が先日体験なさったお話です。

 

 

その方Aさんが朝に玄関の掃除をしていたら、大きなカマキリが家の中に入ろうとしてきたらしいです。

 

家に入られたら嫌なので、そっと玄関横の植木鉢に逃がしてあげました。

数分するとまたカマキリは玄関から中に入ろうとしたので、

今度は少し遠くの植え込みに逃がしました。

 

次の日ご結婚して実家を離れたAさんの娘さんと電話でお話をしていた時、

娘さんが「今日洗濯を干そうとしたら竿に大きなカマキリがいてビックリしたわ」と。

 

偶然同じような体験をされてお二人でビックリされたそうです。

 

その夜Aさんが眠っていると3年前に亡くなられたお父様が夢に出てきたそうです。

夢の中でのお父様はそれはそれはお元気でらしたと。

 

このお話をされたAさんは「きっと父が元気でやってるよ!とカマキリの姿で報せに来てくれたんだなと思いました。」

「それなのに追い出す娘ってひどい話でしょ?」と笑っておられました。

 

 

このお話、何の根拠も信憑性もないただの偶然のこじ付け話かもしれません。

けれど「父がカマキリの姿で現れた」と仰っておられるAさんは

きっと信じてらっしゃると思います。

 

私もそう思いますし、そう思いたいひとりです。

そう思う方が光に包まれてる感じがするんです。

「見守られてる」と思うんです。

そしたら心が幸せになって毎日を頑張ろうと思えてくるんです。

 

ただの偶然と思ってスルーするのも人生。

これは神様仏様の御業だと思って生きるのも人生。

 

ならば私は後者を選びたいです。

笑顔(2018・12・14)

「笑顔でいよう、絶対どんな時だって笑顔でいればいいことあるから♪」と

歌った人がいました。

笑顔を絶やすことなく毎日頑張ってる人です。

「笑顔でいたら周りの人が安心するから」とも言っておりました。

 

 

笑顔って相手にとっても自分にとっても空気をふわっと変えてくれるアイテムですね。

 

 

いい言霊を言って気分を上げたくても上がらない時、笑顔を作ります。

しんどくても笑ってみます。ウソでも笑ってみる。

そしたら一瞬ふわっと空気が変わる。ウソみたいに瞬間だけ変わる。

 

笑顔で空気が変わるといい言霊も言いやすくなる。不思議だね。

 

 

笑顔でいると神様も喜んでくれてる気持ちになる。繋がりやすくなる気がする。

そしたらまた嬉しくなって笑顔になる。 連鎖だね。

 

 

笑顔でいると『嫌だな~、辛いな~、泣きたくなるよな~』って事も

忘れる事は出来ないけれど、傷つかないこともないけれど、

前に進もうと思えるようになる。光を探そうとする。 凄いよね。

 

 

どんな形でもいい、自分が生きやすくなれたら。

そのアイテムとして笑顔って簡単で楽にできるよ。

 

自分の周りの空気が少しだけ変わるよ。おもしろいよ。

 

 

掃除(2018・12・13)

今日12月13日は、これからお正月準備を始める日なんですって!

私が大好きで読ませてもらってるブロガーさんのブログに書いてありました。

 そこに書かれていたのは邪気の場所は湿っていて暗い場所らしく、

トイレとお風呂場が多いみたい。

 

 

 

 

私はトイレと玄関は毎日掃除しております。ほぼ365日です。

雨の日も、風の日も、嵐の日も、

(台風の日に傘をさして掃除してると「あほか?」と思います)

体調の悪い時も、どんなに朝が早いお出かけの時も、

(本当に「自分あほやろ?」とずっとツッコミながら掃除しております)

 

毎日掃除してからまだ旅行や入院などで家を空けることがないので

そうなった時の葛藤は計り知れないと思います(あほすぎるやろ?)

 

 

きっかけは数年前、何もかも浄化したくて徹底的に家の掃除をした時に

よく風水で言われてる『毎日のトイレ掃除と玄関掃除で運気UP☆』のアレです。

ちょっと試しにやってみようか?お金もほしいし。

みたいな気持ちからスタートしました。

 

初めのころはもくもくと掃除をしていたけれど、

私の思考はずっと毒親の事を考えて苦しんで涙流したり腹を立てたりしながら

たたきの水拭きをしておりました。

 

「これじゃアカンやん!邪気を上塗りしてるわ!言霊大切やん!」と思って

そこからは「幸せ、幸せ、大丈夫、大丈夫、ありがたい、ありがたい」

など言霊を大切に掃除をするようになりました。

(掃除を始める前に空に向かってお祈りもしております)

 

結局のところ、お金持ちにはなれませんが(当たり前)

今日食べるものがあり、寝床があり、仕事があり、繋がる人々がいて

時々細やかな遊びがあり幸せ感じられるからいいや~。と思うようになりました。

(実際、金銭欲の執着を外すのは大変ですが・・まだ少し未練あり(-_-))

 

 

掃除してお金持ちになった方もおられるだろうけど、

運気が大幅にUPした方もおられるだろうけど、みんな努力の結果。

私の場合はメンタルの部分に結果がでたのかなと思います。それだけで十分です。

そこに行きつくまでに相当時間も掛かりましたが(^_^;)

 

私の大好きな神様と繋がるひとつのきっかけにもなってるのかもしれない

と思うとそれだけで幸せです。(あほやろ?)

神様からのメッセージ(2018・12・12)

神様が私に仰ってくださった言葉

 

 

「あなたはあなたのままでいい、あなたが何かに優れているからではなく

あなたがあなただから愛しているのだよ。あなたはそれだけで

十分価値があるのだよ。」

 

 

 

親も親なりに愛情は与えてくれていたとは思うけれど、

無償の愛だったか?と言えば???って思う。

いつも条件付きで愛されてたように思います。

 

『親にとって恥ずかしくない子供でいてほしい』

 

それが条件のひとつだった。毒親独特の愛情なのかもしれませんが。

 

 

子供にとっては親は絶対的存在なのだと思います。

その親の愛情に無償の愛がなければ子供はうまく育ちにくいです。

 

どんなに友達に褒めてもらっても先生に評価してもらっても、

「もっと自信を持って大丈夫だよ」と他人さんに言われても

絶対的存在の親が私を認めてくれないと不安で不安で仕方なかったです。

 

 

だから私は自尊心がとても低くて、とても劣等感が強かった。

お勉強もあまりできなかったし、器用じゃなかったし。

親の理想通りに動く子じゃなかったから

よく「素直じゃない」と言われて『素直ってなに?素直に表現してるだけなのに』

と混乱していたのを覚えてます。

自分に自信がないので何をやっても私よりは他人さんの方がうまくいくと

思っておりました。

 

思春期の時に「世間体ばかりでなくて私の意見も聞いてほしい」と

言った事があったけど「生意気だ」と上から抑え込まれたな~と思い出します。

 

 

だから神様に「あなたはあなたのままでいい」「あなたがあなただから愛している」

と仰ってもらえた時には心と体から何かが剥がれおちたような気持ちになり

号泣したのを覚えております。

今でもそのお言葉は私の支えでもあって、胸いっぱいの気持ちになります。

初めて絶対的存在の方にありのままの自分を認めて貰えたような気がした。

ダメな私でも、何もできない私でも、失敗した私でも、頼りない私でも。

私が私であることを主張しても大丈夫なんだ、愛してもらえるんだと。

 

 

神様にそう教えてもらえて愛情をいっぱい頂いて初めて自分に自信がもてました。

そして神様が大好きになりました。

神様にすべてをお委ねしたいと思えるようになりました。

 

実際はまだまだ頼りない自信ですが、

もっともっと神様を感じて委ねて生きていければ

きっともっともっと自信を持って自分が輝けるんじゃないかと思ってます。